【画像210枚】永作博美の若い頃の全盛期はいつだった?昔のアイドル時代から朝ドラ舞いあがれ!まで出演作105本まで総まとめ

永作博美の若い頃10代20代30歳の画像エンタメ

永作博美さん(52歳)というとベビーフェイスでキュートな笑顔がとってもかわいいですよね!
その愛くるしさから「奇跡のアラフィフ」とも言われています。

NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』が始まり、SNS上には毎日のように母親役の永作博美さんの話題であふれていますが、称賛する声があふれています。

そんな永作博美さん、今でもこんなに美しいので全盛期の若い頃はさぞかし美しかったのでは?とおもい調査しました!

オーディション時の18才の若い頃から2022年の52歳までの永作博美さんの顔の変化や髪型、体系などの変化を一年毎に年表にしています。さらに過去の出演作品のほぼすべてを網羅!

また、歴代の彼氏や夫や子供のこともピックアップしましたのでどうぞご覧ください。

スポンサーリンク




【画像年表でプレイバック】永作博美の全盛期はいつ?若い頃から52歳までまとめてみた

永作博美さんの34年間分の以下の年表と作品紹介を見て、全盛期は28歳~41歳位と私は思います。

永作博美の若い頃18歳から23歳の画像年表

永作博美の若い頃18歳から23歳の画像年表

永作博美の若い頃24歳から29歳の画像年表

永作博美の若い頃24歳から29歳の画像年表

永作博美の若い頃30歳から35歳までの年表画像

永作博美の若い頃30歳から35歳までの年表画像

永作博美の若い頃36歳から41歳の画像年表

永作博美の若い頃36歳から41歳の画像年表

永作博美の42歳から47歳の画像年表

永作博美の42歳から47歳の画像年表

永作博美の48歳から52歳の画像年表

永作博美の48歳から52歳の画像年表

スポンサーリンク

永作博美の若い頃の10代の若い頃を代表する作品紹介

出演作品参考画像
1989年 19歳

アイドルグループribbonの結成メンバー。
リトル☆デイト」ribbonのデビューシングル

しらたま
しらたま

初々しい♪年齢と顔立ちが一致してるね

永作博美の若い頃の10代の画像永作博美の若い頃の10代の画像

永作博美の若い頃の20代の若い頃を代表する作品紹介

出演作品出演作品
1990年 20歳-アイドルグループ「ribbon」の頃ー

  • そばにいるね」は、ribbonの2枚目のシングル。
  • Virgin Snow(ribbonで最も売れた曲)
永作博美の若い頃の20代の画像
1992年 22歳-「ribbon」の頃の曲ー

  • サイレント・サマー
永作博美の昔の20代の画像
1993年 23歳-アイドルグループ「ribbon」の頃の曲ー

  • Be my Diamond
  • 夜明けなんていらない

舞台

  • 劇団☆新感線の舞台演目 「タイムスリップ黄金丸」
    しらたま
    しらたま

    永作さんは、稽古で毎日毎日怒られて続けて、それを怒りとして吐き出したら、すごく気持ちよくて、演技の凄さに目覚めてしまったと取材で語っていました。

    おはぎ
    おはぎ

    女優 永作博美の原点ともいえる舞台だね。

-アイドルグループ「ribbon」の活動休止ー

永作博美の昔の20代の画像永作博美の昔の20代の画像

永作博美さんのアイドル時代の歌唱力は?

永作さんは、アイドルだったことをご存じない方も多いですよね。3人グループのribbonのメンバーで最初は右端の立ち位置でしたが、途中からセンターになりました。

歌だけでなく舞台でも通用するアイドルは当時おらず、実力派グループのはしりでした。

  • ribbon 「それは言わない約束」

  • ribbonで最も売れたシングル曲 「Virgin Snow」

  • ソロでのシングル曲 「EAST」

しらたま
しらたま

永作さん歌上手いし超かわいい!
仕草や表情におもわずみとれちゃう。

おはぎ
おはぎ

Virgin Snowはテキトー男の高田純次さんも大好きな曲だそうです。

司会をしている番組『クギズケ』でのトークで「オヤジの聞く曲じゃないね、と娘につっこまれる。」と語ってました。

 

出演作品出演作品
1994年 24歳ーソロ活動開始ー
ドラマ

  • 陽の当たる場所   山本ふみえ 役

舞台

  • Stand by me(1994年)
永作博美の昔の20代の画像
1995年 25歳
ドラマ

  • さんかくはぁと 主演 七海郁子 役
  • カケオチのススメ 主演 鴬谷由比 役(長瀬智也さんとのW主演)
永作博美の若い頃の20代の画像
1996年 26歳
ドラマ

  • 一人暮らし 主演 西島恭子 役
しらたま
しらたま

この役で第11回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞受賞

  • 恐い女シリーズ「笑う女」 主演
  • 天晴れ夜十郎(NHK) おれん役

バラエティ番組

  • ASAYAN(1996年 – 1998年、テレビ東京)  司会

舞台

  • 下北ビートニクス
永作博美の若い頃の20代の画像
1997年 27歳
ドラマ

  • 青い鳥   秋本美紀子 役
  • 金のたまご  山口涼 役

舞台

  • 一人芝居「水物語」
永作博美の若い頃の20代の画像
1998年 28歳
ドラマ

  • 一人ぼっちの君に 主演 本多里美 役
  • 烏鯉
  • くらげが眠るまで 主演 出町杳子 役

舞台

  • ラヴ・レターズ
永作博美の若い頃の20代の画像
1999年 29歳
ドラマ

  • 週末婚 主演 浅井月子 役
しらたま
しらたま

対立する姉妹のドロッドロの愛憎劇の迫真の演技で第21回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞!

  • 世にも奇妙な物語 -協力者- 主演 深森和津美 役

舞台

  • オレアナ(1999年)
永作博美の若い頃の20代の画像

スポンサーリンク



永作博美の若い頃の30代の若い頃を代表するキャリア紹介

出演作品参考画像
2000年 30歳
ドラマ

  • NHKドラマ館 玩具の神様
  • ブラック・ジャック〜臓器農場行き幽霊バス  佐山玲子 役
  • 伝説の教師 主演 神宮司絹香 役
  • 百年の物語  島崎芳江 役
  • 午前三時のルースター  今井美奈子 役

舞台

  • 恋愛戯曲
永作博美の若い頃の30代の画像
2001年 31歳
ドラマ

  • Pure Soul〜君が僕を忘れても〜 主演 瀬田薫 役
  • 憧れの人(関西テレビ)
  • ちいさな橋を架ける
永作博美の若い頃の30代の画像
2002年 32歳
ドラマ

  • 婚外恋愛 主演 湯浅みつる 役
  • 海猿 浦部美晴 役
永作博美の若い頃の30代の画像
2003年 33歳
ドラマ

  • 伝説のマダム  光善寺玲子 役

映画

  • ドッペルゲンガー  由佳 役

舞台

  • 人間風車
  • ふたたびの恋
永作博美の若い頃の30代の画像永作博美の若い頃の30代の画像
2004年 34歳
ドラマ

  • 負け犬女の壁  主演・城真奈美 役
  • ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏  百瀬有里 役
  • 四谷くんと大塚くん/天才少年探偵登場の巻 中尾洋子 役
  • 一番大切なデート  主演・長谷川カヤノ 役
  • 恋のから騒ぎ ドラマスペシャル「アニキと呼ばれた女」 主演 雁野スミ子 役

映画

  • 石井のおとうさんありがとう  石井品子 役
永作博美の若い頃の30代の画像
2005年 35歳
ドラマ

  • 交渉人 主演 遠野麻衣子 役
  • 幸福2020 主演 秋月雪乃 役
  • 女と男と物語PART III「第10話 ぷろぽーず」 築田ともみ 役

映画

  • 空中庭園 飯塚麻子 役

舞台

  • LAST SHOW
永作博美の若い頃の30代の画像
2006年 36歳
ドラマ

  • 死亡推定時刻  渡辺美貴子 役
  • 時効警察 第4話 アヤメ旅子 役

NHK大河ドラマ

  • 功名が辻 茶々→淀 役

映画

  • 好きだ、 ユウ役
しらたま
しらたま

この役で第21回高崎映画祭 最優秀助演女優賞

  • 気球クラブ、その後 美津子 役
  • 天使  カスミ 役
永作博美の若い頃の30代の画像永作博美の若い頃の30代の画像
2007年 37歳 受賞多数年

映画

  • 腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 和合待子 役
しらたま
しらたま
  • 第17回日本映画批評家大賞 助演女優賞
  • 第50回ブルーリボン賞 助演女優賞
  • 第81回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞
  • 第29回ヨコハマ映画祭 助演女優賞
  • 第32回報知映画賞 助演女優賞
  • 第12回日本インターネット映画大賞 助演女優賞

など6つの賞を和合待子役で受賞

  • ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ 日下部七海 役
  • クローズド・ノート  可奈子 役

舞台

  • ドラクル God Fearing Dracul
永作博美の若い頃の30代の映画の頃の画像 永作博美の若い頃の30代の映画クローズドノートの頃の画像
2008年 38歳
ドラマ

  • 週刊真木よう子 第12話 カモメ 役
  • 四つの嘘 主演 原詩文 役

映画

  • 人のセ〇クスを笑うな 主演 ユリ 役
  • 同窓会  友永雪 役
  • 弁当夫婦 主演 弁当を作る女役
  • その日のまえに  日野原とし子 役
  • 魔法遣いに大切なこと ソラの母 役

舞台

  • 幸せ最高ありがとうマジで! 主演 明里役
しらたま
しらたま

舞台では所狭しと最高に理不尽な女を熱演。

永作博美の若い頃の30代の画像永作博美の若い頃の30代の画像永作博美の若い頃の30代の画像永作博美の若い頃の30代の画像永作博美の若い頃の30代の画像永作博美の若い頃の30代の画像永作博美の若い頃の30代の画像
2009年 39歳
ドラマ

  • 福家警部補の挨拶〜オッカムの剃刀 主演 福家警部補 役
  • いのちの島 主演 神野めぐみ 役

映画

  • クローンは故郷をめざす 高原時枝 役
しらたま
しらたま

プライベートでは映像作家の内藤まろさんとご結婚❤

永作博美の若い頃の30代の画像永作博美の若い頃の30代の画像

スポンサーリンク

永作博美の40代を代表する作品紹介

出演作品参考画像
2010年 40歳 受賞多数年
ドラマ

  • 曲げられない女  長部璃子 役
  • 蛇のひと  主演 三辺陽子 役

映画

  • 脇役物語 – アヤ 役
しらたま
しらたま

第13回カリフォルニア・インディペンデント映画祭 最優秀女優賞をアヤ役で受賞しました。

  • 酔いがさめたら、うちに帰ろう 園田由紀 役
きんとん
きんとん
  • 第20回日本映画批評家大賞 主演女優賞
  • 第35回山路ふみ子映画賞 女優賞
  • 第3回TAMA映画賞 最優秀女優賞
  • 第36回報知映画賞 主演女優賞を由紀役で受賞しました。
しらたま
しらたま

プライベートでは第一子となる男の子出産されました。

おはぎ
おはぎ

おめでたい♪

永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像
2011年 41歳
ドラマ

  • 11文字の殺人  主演・結城梨花子 役
  • 愛・命  新宿歌舞伎町駆け込み寺 主演 中原洋子 役

映画

  • 八日目の蝉  野々宮希和子 役
しらたま
しらたま
  • 第3回TAMA映画賞 最優秀女優賞
  • 第66回毎日映画コンクール 女優助演賞
  • 第85回キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞
  • 第54回ブルーリボン賞 主演女優賞
  • 第36回報知映画賞 主演女優賞
  • 第16回日本インターネット映画大賞 主演女優賞
  • 第35回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞

など名だたる7つもの賞を野々宮希和子 役で総なめという快挙!

舞台

  •   おたか役
永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像
2012年 42歳
ドラマ

  • ダーティ・ママ!  主演 丸岡高子 役

舞台

  • シレンとラギ 主演・シレン 役
永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像永作博美の若い頃の40代の画像
2013年 43歳

映画

  • 四十九日のレシピ  主演・熱田百合子 役
きんとん
きんとん

プライベートでは第2子となる女の子出産されました。

永作博美の若い頃の40代の画像
2014年 44歳
ドラマ(WOWOW)

  • 私という運命について 主演 冬木亜紀 役
  • さよなら私 主演 星野友美 役
永作博美の若い頃の40代の画像
2015年 45歳
ドラマ

  • 福岡発地域ドラマ「いとの森の家」 主演 加奈子 役

映画

  • さいはてにて-やさしい香りと待ちながら  主演 吉田岬 役
しらたま
しらたま

吉田岬 役で第17回台北映画祭 最優秀主演女優賞を受賞

  • 夫婦フーフー日記 主演 清水優子(ヨメ) 役

舞台

  • プルートゥ PLUTO  ウラン/ヘレナ(2役)
永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像
2016年 46歳
ドラマ

  • 女性作家ミステリーズ 美しき三つの嘘 第1話「ムーンストーン」主演 大庭小百合 役
  • 刑事バレリーノ  深平あずさ 役

舞台

  • 頭痛肩こり樋口一葉 主演 樋口一葉 役
しらたま
しらたま

和風姿も素敵です♪

永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像
2017年 47歳
ドラマ

  • 沈黙法廷 – 主演・山本美紀 役
  • 世にも奇妙な物語「一本足りない」 主演 風見綾子 役
しらたま
しらたま

ほぼすっぴんで挑むシリアスな演技も引き込まれる!

きんとん
きんとん

心の奥底に潜むサイコでホラーな狂気を演じさせたら、見た目のかわいさとのギャップでやたら怖い。

永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像

永作博美の40代の頃の画像

2018年 48歳
ナレーション

  • コズミックフロント☆NEXT

CM

  • エーザイ
    「チョコラBB」の「ビタミンB2啓発・夏祭りPRイベント」
永作博美の40代の頃の画像
2019年 49歳

NHK土曜ドラマ

  • みかづき 赤坂千明 役
  • プリンセス美智子さま物語  主演 浜村時子 役
  • あの家に暮らす四人の女  谷山雪乃 役

舞台

  • 人形の家PART2 主演・ノラ 役
永作博美の40代の頃の画像 永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像永作博美の40代の頃の画像

スポンサーリンク



永作博美の50代を代表する作品紹介

出演作品参考画像
2020年 50歳

映画 (第73回カンヌ国際映画祭選出作品)

  • 朝が来る  主演 栗原佐都子 役
しらたま
しらたま

栗原佐都子 役で第44回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞受賞!

ドラマ

  • 左手一本のシュート  田中一女 役
永作博美の50代の頃の画像永作博美の50代の頃の画像永作博美の50代の頃の画像
2021年 51歳
ドラマ

  • 半径5メートル 亀山宝子 役
永作博美の50代の頃の画像
022年 52歳

NHK ドラマ 連続テレビ小説(朝ドラ)

  • 連続テレビ小説 舞いあがれ!  岩倉めぐみ 役(主演の母役)
しらたま
しらたま

回想シーンでは母役の永作さんの聖子ちゃんカットが大反響!
視聴者の反響は大きく、Twitterでも「聖子ちゃんカット」がトレンド入りしました。52歳だなんて。

  • 鹿児島発地域ドラマ「この花咲くや」 武岡綾子 役
  • モダンラブ・東京「彼を信じていた13日間」(Amazon Prime Video)篠原桃子
永作博美の50代の頃の画像永作博美の50代の頃の画像永作博美の50代の頃の画像永作博美の50代の頃の画像

スポンサーリンク

永作博美さんの全盛期は28歳頃から41歳頃まで その根拠は?

永作博美さんは28歳の時にCMの複数契約がぐんと増え、そこからまさに飛ぶ鳥を落とす勢いでドラマなどの出演作品もぐっと増えていきました。

翌年の29歳にはドラマ『週末婚』の主演で対立する姉妹の迫真にせまる演技で第21回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞を受賞しています。

30歳には一年の間に5本ものNHKを含むドラマ(主演含む)をこなし、精力的にとぎれることなく活動しながら36歳にはNHKの大河出演を果たしました。

同じ年に映画『好きだ、』の ユウ役では台湾の映画界では最高峰ともわれれる名誉な賞、第21回高崎映画祭 最優秀助演女優賞を受賞しました。

翌年37歳には同映画で日本の映画界において名誉な賞を6つも受賞、41歳の時に『八日目の蝉』の 野々宮希和子 役で、7つもの賞を受賞しました。

また、この28歳から41歳までの間にご結婚と出産をされており、美貌も演技力も成熟し、公私ともに充実した時期と思われることから永作博美さんの全盛期は、28歳から41歳頃と私は考察しています。

永作博美さんはこの年以降、2人の子供さんの子育てをしながら出演作品本数をセーブしつつ永作さんがやりたいと思う作品を厳選しながらご自分のペースで活躍されているようです。

ただ、仕事はセーブしながらも50歳の時には映画 『朝が来る』(第73回カンヌ国際映画祭選出作品) 主演 栗原佐都子 役で第44回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞受賞を受賞されたり、NHKの朝ドラ『まいあがれ!』に母親役で出演されたりと、その唯一無二の存在感は人々の記憶に強く残る、名実とともに日本を代表する女優となりました。

女優として活動中の長い間、永作さんは常に可愛いくて体系の変化も顔の老化もほどんど感じさせないので、見た目的には「全盛期は今」を常に継続している稀有な女優さんといえるでしょう。

スポンサーリンク



永作博美は魔性の女?若い頃の彼氏や結婚までの恋愛遍歴

キュートで演技も上手く、周りに気配りができて性格もいいと評判の永作さんは共演者キラーともいわれています。

しらたま
しらたま

歴代彼氏から結婚までのタイムラインです。

お相手参考画像
2007年前後頃

  • 鈴木英哉(ミスチルのドラムス)さん

永作博美さんがMr.Childrenことミスチルのファンだったことから交際が始まったといわれており、永作さんがデビューしてまもない頃位からなので交際期間も長かったようです。

二人で自動車教習所に通っていた姿も目撃されていますが永作さんが売れだしてからすれ違いが多くなりフェードアウトしたようです

永作博美の元彼の画像
2007年頃

  • 瑛太さん

2006年2月25日公開の映画「好きだ、」で共演しています。

2007年末の「女性セブン」に深夜のデートがスクープされましたが、共演からの飲み仲間友達と本人たちは熱愛を完全否定していました。

永作博美と元カレの瑛太の画像
2008年頃

  • 松山ケンイチさん

2008年の公開映画「人のセ〇クスを笑うな」の共演から交際が噂されました。

松山さんが映画の完成披露試写会で
「永作さんは色っぽくって距離が近くなればなるほど、その笑顔を独り占めできる。僕の宝物です。本気で好きになってるのかも。」と発言したことで告白みたいと注目されました。

しかし映画の終了にともないフェードアウトとなったようです。

永作博美と元カレの松山ケンイチの画像
2009年

日本の映像作家、文筆家、イラストレーターです。
2005年に独立して会社を立ち上げており、NHKや一流ブランドを中心に多くの映像やCMなど映像の制作にご活躍です。

月桂冠のCM撮影で出会ったのがなれそめとのこと。このシリーズの映像の永作さんはとっても愛らしい妻を演じています。

内藤まろさんは一般の方なので写真はありませんが、永作さんの直筆の結婚報告の文を載せました。

永作博美の結婚報告の直筆文の画像永作博美の月桂冠のCMの画像

スポンサーリンク

永作博美の現在の活動状況

現在は女優の福原遥さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説「舞いあがれ!」で、主人公 舞の母、岩倉めぐみ役を好演しています。
永作博美さんの朝ドラ初出演となりました。

永作さんの、疲れた母の演技がすごい、リアルすぎる、おもわずもらい泣きしてしまったなど、の声が多数上がっています。

ネコのおはぎときんとんもよろしく
しらたま

永作博美さんはプライベートでは東京千代田区で2015年から『ヨダかカフェ』をご主人と一緒に経営しています。

ぬくもりのあるナチュラルな雰囲気の店内にコーヒーやスイーツ、日替わりメ二ューなどどれも美味しそうでこだわりとセンスが溢れていると評判です。

永作さんというと透明感のある美しい肌、ゆで卵のような白く透き通るような肌に愛らしい笑顔で、「奇跡のアラフィフ」と呼ばれていますが、永作さんのご実家は農家で、小さい頃から美味しい苺を毎日たくさん食べて育ったとのこと。

朝食に毎日苺を1パック食べていたとある取材で答えていましたが、そんなに食べられるなんてよほど美味しい苺なのでしょうね。

また雑誌やテレビ番組などで、「甘酒豆乳」を愛飲していることを長年公言されています。SNSではひそかにこれがブームのようです。

パセリにもハマっているらしく、ご飯にもふりかけのようにたっぷりかけているそうです。
こういう食べ物が永作さんの美肌の基なのかもしれませんね。

しらたま
しらたま

永作さんは調理師免許を持っているので食に関する知識も豊富と評判です。

カフェではこだわりの食材を使い、自ら厨房に立って料理に腕を振るっていることもあるそうですよ。

『ヨダかカフェ』
所在地:東京都千代田区麹町2-2-16 B1F
スポンサーリンク



永作博美のプロフィール

永作博美

  • 1970年 10月14日生まれ 茨城県出身
  • 身長156cm B型
  • 女優 歌手
  • 事務所 田辺エージェンシー
  • 1988年に父親が「オールナイト富士」の女子高生美少女コンテストに応募し、ベストパフォーマー賞を受賞して芸能界入り。
  • 1989年に松野有里巳、佐藤藍子とともにアイドルグループ「ribbon」を結成。
  • 「Virgin Snow」などの楽曲がヒット。ribbonでの活動は1993年末頃に活動停止。
  • 1994年の本格的にソロ活動となりドラマ「陽の当たる場所」で女優として注目を浴びる。
  • 1995年にドラマで主演を務め、1996年には女優として初の賞の受賞やNHKの時代劇ドラマにも初出演
  • 愛嬌のある顔立ちに加え、さばさばした軽快なトークでバラエティ番組の司会、ドラマ、映画など複数の仕事で女優としての実力をつけていく。
  • 29歳の時のドラマ「週末婚」では非常な妹役を熱演しその演技力で注目を浴びる。
  • 30代になるとトレンディドラマの常連となり、脇役から主役、シリアスからコメディ、恋愛ものまで幅広い役柄で活躍。
  • 2003年の「ドッペルゲンガー」で映画初出演
  • 2006年の初主演の映画「好きだ、ユウ」で第21回高崎映画祭 最優秀助演女優賞
  • 2006年、初の大河ドラマ「功名が辻」では茶々と淀役で出演
  • 2007年の映画「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」では名だたる日本映画界の様々な賞を6つ受賞。
  • 2010年の映画「酔いがさめたら、うちに帰ろう」では名だたる日本映画界の様々な賞を4つ受賞
  • 2011年の映画「八日目の蝉」では日本アカデミー賞優秀助演女優賞を始め、名だたる日本映画界の様々な賞を7つ受賞。
  • 2015年の映画「さいはてにて-やさしい香りと待ちながら」では第17回台北映画祭 最優秀主演女優賞という快挙
  • 2020年の映画「朝が来る」(第73回カンヌ国際映画祭選出作品)では第44回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞受賞
  • 2022年NHK 連続テレビ小説 「舞いあがれ!」では ヒロインの母、岩倉めぐみ 役を好演中。

スポンサーリンク

永作博美のCM出演情報

  • トヨタ自動車「カローラツーリングワゴン」(1995年)
  • オーエムエムジー「O-net」(1997年)
  • ソニー・コンピュータエンタテインメント 「PlayStation」(1997年)
  • リクルート「ゼクシィ」(1998年)
  • 常盤薬品「ベジタブルウォーター」(1998年)
  • 花王「エッセンシャル ダメージケア」(1998年 – 2000年、2012年 – )
  • キリンビバレッジ「生茶」(2001年)
  • 資生堂
    • 「リチャードホワイティス」(2001年)
    • 「ELIXIR SUPERIEUR」(2010年 – 2011年)
  • サントリー「それから」(2004年)
  • 月桂冠「つき」(2006年)
  • 大和ハウス工業「xevo」(2008年 – 2009年)
  • 大塚製薬「ネイチャーメイド」(2008年 – 2009年)
  • 日本ハム「新鮮生活ZERO 糖質0ロースハム」(2009年)
  • ライオン「スマイル40EX」(2009年 – 2010年)
  • サッポロビール「サッポロ 金のオフ」(2011年 – )
  • カネボウ化粧品「コフレドール」(2012年 – )
  • 明治「プレミアムアイスクリーム グラン」(2012年 – )
  • アコム(2013年 – )
  • 日本コカ・コーラ「ジョージア ほっとジョージア」(2013年 – )
  • エーザイ「チョコラBB」(2016年 – )
  • 中小企業のチカラ 中⼩企業からニッポンを元気にプロジェクト(2022年 – )
花王 エッセンシャル ダメージ・ケア(1999年 当時29歳)

資生堂エリクシール シュペリエル CM「ハリマドンナ冬」(2010年 当時30歳)

花王『エッセンシャル・ダメージケアニュアンスエアリーシャンプー』(2012年 当時32歳)他

エーザイ チョコラBBセラミド(2016年 当時46歳)

スポンサーリンク



永作博美の主な受賞歴

  • 1996年度 第11回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『ひとり暮らし』)
  • 1999年度 第21回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『週末婚』)
  • 2006年度 第21回高崎映画祭 最優秀助演女優賞(『好きだ、』)
  • 2007年度
    • 第17回日本映画批評家大賞 助演女優賞(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
    • 第50回ブルーリボン賞 助演女優賞(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
    • 第81回キネマ旬報ベスト・テン 助演女優賞(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
    • 第29回ヨコハマ映画祭 助演女優賞(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
    • 第32回報知映画賞 助演女優賞(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
    • 第12回日本インターネット映画大賞 助演女優賞(『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』)
  • 2010年度
    • 第13回カリフォルニア・インディペンデント映画祭 最優秀女優賞(『脇役物語』)
    • 第20回日本映画批評家大賞 主演女優賞(『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』)
  • 2011年度
    • 第35回山路ふみ子映画賞 女優賞(『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』)
    • 第3回TAMA映画賞 最優秀女優賞(『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』、
      『八日目の蝉』)
    • 第66回毎日映画コンクール 女優助演賞(『八日目の蝉』)
    • 第85回キネマ旬報ベスト・テン 主演女優賞(『八日目の蝉』)
    • 第54回ブルーリボン賞 主演女優賞(『八日目の蝉』)
    • 第36回報知映画賞 主演女優賞(『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』、『八日目の蝉』)
    • 第16回日本インターネット映画大賞 主演女優賞(『八日目の蝉』)
    • 第35回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞(『八日目の蝉』)
  • 2015年度
    • 第17回台北映画祭 最優秀主演女優賞(『さいはてにて-やさしい香りと待ちながら-』)
  • 2020年度
    • 第44回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『朝が来る』)

スポンサーリンク

まとめ

永作博美の19歳と52歳の画像

永作さんは元々ベビーフェイスですが、老けにくい体質であったり自己管理も徹底していないとここまで若さを維持するのは難しいですよね。

永作さんは近年母親役が多く、永作さんはプロフェッショナル意識がとても高いので、時に役柄になりきって老けたりやつれたりもまったくいとわず、その役の人物を演じ切ることに命を削っているような凄みを感じます。

普段のバラエティ番組に出演される時は、相変わらずの透明感と弾ける笑顔で52歳とは思えない若々しさでまさに奇跡の50代という気がします。

常に輝き続けながら自然体のいい年の重ね方をしているのではないでしょうか。

こうしてあらためて永作さんの活動歴を振り返ってみると、永作さんは地道にコツコツと実力をじっくりとつけていった遅咲きタイプであることがおわかりいただけたと思います。

永作さんがアイドルでデビューした 1989年は一大ブームを巻き起こした『おニャン子クラブ』が解散した後で、それから10年はアイドル冬の時代と言われていました。

『ribbon』は実力派アイドルという立ち位置で頑張ってはいましたが、社会的な知名度は低く鳴かず飛ばずで、グール解散直前の危機に面していました。

そんな時に『劇団☆新感線』の舞台の仕事が入り、彼女は無我夢中で芝居の稽古にあけくれていたものの、監督に毎日怒鳴られ叱られてばかり。

悔しくて腹が立って、怒りとやるせなさを芝居にぶつけまくって発散したらとても気持ちよくて、演技で表現することのすばらしさに開眼し、芝居や表現者としての魅力にのめり込んでいった、と雑誌の取材で語っています。

それからコツコツと実力を重ねていって30年以上の時を経て女優として大成し、2022年はNHKの朝ドラで主役の母という大役も掴みました。

公私ともに充実した生活を送っている永作さんですが、デビュー当時、彼女の大成功を予想した人は少なかったことでしょう。

永作さんの自然体で心から笑っているあのくしゃっとした弾ける笑顔を見ているだけで、こちらまで気持ちが明るくなり元気もらえます♪

今後はどんな役でどんな演技をみせてくれるのでしょうか、これからの永作さんがますます楽しみです。

Pure Soul〜君が僕を忘れても〜 で共演した小栗旬さんの記事はこちら。

【画像175枚】小栗旬は若い頃から女好き?昔の子役時代から39歳まで27年間の出演作品54本!デビューから2022年迄の軌跡
俳優として大活躍している小栗旬さん。現在放送中の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では主演の北条義時を務め、高い演技力とイケメンなビジュアルで、多くの人から支持されている今最も熱い俳優です。小栗さんは子役としてスタートし「GTO」や「ごくせん」の

舞台シレンとラギで共演した藤原竜也さんの記事はこちら。

【画像164枚】藤原竜也の若い頃は女の子顔だけどいつ頃からイケメンに?2022年40歳までの出演作118本!デビューから25年の軌跡
藤原竜也さんはインパクトのある演技や形相、高い表現力で多くの人を魅了している俳優さんですよね。特にクセのある役やクズ役は最高にゾクゾクさせてくれるので、一度作品をみるとハマってしまう俳優ではないでしょうか。藤原竜也さんは15歳の時に舞台『身

ドラマ『週末婚』で共演した阿部寛さんの記事はこちら

【画像308枚】阿部寛の若い頃のモデル時代から2022年58歳までの出演作品203本!デビューから36年間の軌跡
俳優として大活躍している阿部寛さん。ファッション誌『メンズノンノ』で華々しくモデルデビューし、その後はカリスマモデルとして君臨、現在は俳優として第一線で活躍されています。一見順風満帆なようですが、調査したところ、その人生はまるでドラマのよう

スポンサーリンク



コメント

タイトルとURLをコピーしました